スポンサーサイト

Posted by super visor on --年--月--日 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TIGER&BUNNYのワイルドタイガークソスーツのフル可動フィギュアを作ってみる![14]

ワイルドタイガークソスーツ20120110_01 ワイルドタイガークソスーツ20120110_02

TIGER&BUNNYワイルドタイガークソスーツのフル可動フィギュアを作ってみる!の続きです。
長かったデジタル原型の製作やっと終わりました。
分割が可動範囲とか検証しながらだから凄い手間掛かった。

イベントまで時間が無いので、今回も何時も立体出力をお願いしているmskmodelさんに特急でお頼みしました。


今回、S.H.Figuartsの機構を仕込んでフル可動にする予定でしたが、分割を行っていくと肉厚が薄すぎる部分が出来てしまいました。
データ上で機構を仕込む事は可能なのですが、そのままの厚みでは量産が無理なのと、遊んでいると破損しやすくなると思うので構造を簡略化する事にしました。
そこで見つけたのが、青いビニール付きの針金。
可動物の欠点は間接ジョイントの色が違うと目立つという物がありますが、この青い針金はクソスーツの色とも合うので目立ちにくくて良いのと、フレキシブルに可動出来るので可動に柔軟性が出ると思ったからです。
針金の固さも固すぎず軟らかすぎず、丁度良い感じでした。
何より、針金が折れたとしても100均で買えると言う利点が。

何はともあれ、立体出力も依頼出来た事ですし、出力品が来るまでは暇ですので、でデジタル原型をいじってポーズを付けて遊んでみました。
早くリアル物体でこのポーズ付けたい。











#tigerbunny #wf2012w #ワンフェス2012
スポンサーサイト

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://svisor.blog104.fc2.com/tb.php/66-0c4981d1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。