つくもたん [リアル版] を立体出力してみた2

つくもたん [リアル版] フィギュアの続きです。

CGソフトによるデジタル原型製作から立体出力を行いました。

今回は、機械の精度が最も良いmsk modelさんで出力してもらいました。

こんな感じで送られてきます。
※パーツは一部しか写していません。
つくも9

立体出力品はサポート材という保護材が付いたままの状態で送られてきました。
サポート材は寒天の様な感触の物です。
つくも2

普通は、このサポート材をポロポロと剥がして行くのが正攻法なのですが、私はこれを水に数時間漬け置きします。
つくも3

すると、こんな風に水が浸透して崩れやすくなります。
これを指で潰すときのムニュッと感がたまらない感じです。これはクセになる。笑
つくも4

その後、歯ブラシ・爪楊枝・メラミンスポンジ、等を使ってサポート材を綺麗に取り除くとこんな感じになります。
つくも8


前回、まつ毛が低かったため、今回はディテールを倍に修正したので良い感じになりました。
表面処理とサフェーサー吹きで結構均されてしまう事を考慮して、デジタル原型データでは強めのディテールにしておいた方が良いと思います。
つくも6

前髪の感じや、「九」の髪飾り、後髪の飾り等の薄いパーツもちゃんと出来ていました。
つくも7

立体出力も、この表現性があれば表面処理が楽なのが本当助かります。
ワンフェスに出品しますので、ご興味の有る方は遊びに来て下さい。





スポンサーサイト

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://svisor.blog104.fc2.com/tb.php/22-1be3b1cb