スポンサーサイト

Posted by super visor on --年--月--日 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TIGER&BUNNYのワイルドタイガークソスーツのフル可動フィギュアを作ってみる![11]

Posted by super visor on 2011年10月09日 3D-Coat 0 comments 0 trackback
20111009_02.jpg 20111011_01.jpg

TIGER&BUNNYワイルドタイガークソスーツのフル可動フィギュアを作ってみる!の続きです。
流れとしては、デジタル原型を製作して立体出力し、リアルフィギュア化の予定です。

現在、フル可動分割および立体出力用に修正をしています。

CGですと服の厚み0mmでも表現出来ますが、リアル物体では厚みが必要になります。
立体出力では厚み0.2mmの出力も可能なのですが、表面処理や耐久性を考えると最低0.5mmは欲しいところです。
そのために、まずデータに厚みをつけていきます。
スーツの黄色ラインもかなり厚盛していますが、この位はないと表面処理で消えてなくなってしまいます。
また、後ろの方はまだ薄すぎるので厚みを増さないといけませんね。

可動に関しては、事前に検証をしっかりしておかないと、いざ仮組みしてみて動かなったりとか大変ですので、位置を少しずつずらしたり色々試行錯誤して修正しています。











#tigerbunny
スポンサーサイト
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。