FC2ブログ

あきこロイドちゃん再び

20130210.jpg
あきこロイドちゃん」再び。

暫く営業に出ておりましたあきこロイドちゃんが戻ってきました。
部分的に破損や色剥げ等あったので補修。
そんな中、mskmodelさんが「からあげクン」のデジタル原型を作って下さいました。
(何か見切れているヤツが居るが、気にしない気にしない)











@akiko_lawson

2013年 あけましておめでとうございます

Posted by super visor on 2013年01月01日 未分類 0 comments 0 trackback
あけましておめでとうございます
更新が滞っておりますが、アクセスして頂いている方々には新しい物が見せられず申し訳ない思いです。
おかげさまで仕事の方は順調でして、ブログの方は個人の趣味のモデリングを掲載すると分けているため、仕事が多忙ですとなかなか更新出来なかったりします。(仕事は必ずしも作りたいキャラが来るわけでは無いのでブログで発散しています)
作りかけで気力が尽きて放置のキャラもありますが、今年も面白そうな物など有れば色々作って行きたいと思っていますので長い目で見守って下さい。









TIGER&BUNNYのワイルドタイガークソスーツのフル可動フィギュアを作ってみる![17]

サンプル2 20120125_01.jpg
TIGER&BUNNYワイルドタイガークソスーツのフル可動フィギュアを作ってみる!の続きです。

ワンダーフェスティバル2012冬用の複製品が届きました。
確か、先週後半に原型送ったはずなのにもう出来上がるなんて仕事早い!
複製業者はリーズナブルで高品質と個人の方に人気のある (有)喜久屋 様です。
今回、(有)喜久屋 様が受けてくれなかったら販売は見合わせたかもしれません。感謝。

さて、複製品の写真を撮ったのですが、家のカメラが良くなくてアップにするとガサガサなので
取り合えず撮ったやつをUPしときます。
本当は、目じりとかまつ毛とか、良く流れてるな~とアップで見せたいのですが、
それは今度カメラ借りて又UPします。
顔は大体18mm、下にある黄色いのはマスキングテープです。
ボトルキャップ虎徹に見えるけどボトルキャップではありません。











#tigerbunny #wf2012w #ワンフェス2012

TIGER&BUNNYのワイルドタイガークソスーツのフル可動フィギュアを作ってみる![16]

20120113_01 20120113_03 20120113_02
TIGER&BUNNYワイルドタイガークソスーツのフル可動フィギュアを作ってみる!の続きです。

立体出力品が早々に届き、サポート剤除去をしました。
ここから原型用に表面処理を行います。
ちなみに、この出力品は高精度の物なので、私の場合、#800のペーパー掛け2回位で大体終わります。

クソスーツの顔、良い感じに出てますね。
今回、全高約145mmですので細かいパーツも多く、無さないようにしないといけません。












#tigerbunny #wf2012w #ワンフェス2012

TIGER&BUNNYのワイルドタイガークソスーツのフル可動フィギュアを作ってみる![15]

20120112_01 20120112_02
20120112_04 20120112_03
20120112_04
TIGER&BUNNYワイルドタイガークソスーツのフル可動フィギュアを作ってみる!の続きです。

立体出力をお願いしていたmskmodelさんからもう品物が届きました。何時もありがとうございます。

立体出力品は、落下しない様にサポート剤という寒天状の物で包まれていて、その状態のまま郵送されてきます。(有料ですが、サポート除去サービスも一応有るとの事です)
虎徹の顔がえらい事に・・・。笑

さて、このサポート剤を除去しないといけない分けですが、こいつは水に漬けるとふやけてグジュグジュに崩れるので数時間水に漬けてほっておきます。
今回は、パーツが小さいのと似たようなパーツが多いので、左右で別々のタッパに入れておきました。

ちなみに工程は、数時間水漬け→指で取る→爪楊枝で細かい部分をほじる→歯ブラシでゴシゴシ→メラミンスポンジで擦り落とす、となります。
時間が有るときは楽しいのですが、時間が無いときは結構手間。

材料買いに出かけて、夜帰ったらニコ生見ながら除去しょう・・・。











#tigerbunny #wf2012w #ワンフェス2012

TIGER&BUNNYのワイルドタイガークソスーツのフル可動フィギュアを作ってみる![14]

ワイルドタイガークソスーツ20120110_01 ワイルドタイガークソスーツ20120110_02

TIGER&BUNNYワイルドタイガークソスーツのフル可動フィギュアを作ってみる!の続きです。
長かったデジタル原型の製作やっと終わりました。
分割が可動範囲とか検証しながらだから凄い手間掛かった。

イベントまで時間が無いので、今回も何時も立体出力をお願いしているmskmodelさんに特急でお頼みしました。


今回、S.H.Figuartsの機構を仕込んでフル可動にする予定でしたが、分割を行っていくと肉厚が薄すぎる部分が出来てしまいました。
データ上で機構を仕込む事は可能なのですが、そのままの厚みでは量産が無理なのと、遊んでいると破損しやすくなると思うので構造を簡略化する事にしました。
そこで見つけたのが、青いビニール付きの針金。
可動物の欠点は間接ジョイントの色が違うと目立つという物がありますが、この青い針金はクソスーツの色とも合うので目立ちにくくて良いのと、フレキシブルに可動出来るので可動に柔軟性が出ると思ったからです。
針金の固さも固すぎず軟らかすぎず、丁度良い感じでした。
何より、針金が折れたとしても100均で買えると言う利点が。

何はともあれ、立体出力も依頼出来た事ですし、出力品が来るまでは暇ですので、でデジタル原型をいじってポーズを付けて遊んでみました。
早くリアル物体でこのポーズ付けたい。











#tigerbunny #wf2012w #ワンフェス2012

TIGER&BUNNYのワイルドタイガークソスーツのフル可動フィギュアを作ってみる![13]

Posted by super visor on 2011年12月15日 ZBrush 0 comments 0 trackback
クソスーツ20111215_1クソスーツ20111215_2クソスーツ20111215_3

TIGER&BUNNYのワイルドタイガークソスーツのフル可動フィギュアを作ってみる!の続きです。
流れとしては、デジタル原型を製作して立体出力し、リアルフィギュア化の予定です。

今回、版権元様のご好意によりワンフェス2012冬での当日版権・販売許可が下りました。

クソスーツも分割と思いきや、ここで色々気になる部分が出て微修正をしています。
画像で言うと、手の腱や指、上腕二頭筋、ブーツにシワ付け等の修正です。
あと、イベント販売物にはコピーライトを製品に掘り込まないといけないのですが、色々不都合もありましてプレートを追加しました。
ツイッターでお聞きしたら、ワイルドタイガークソスーツ(Wild Tiger - Crapsuit)で英語表記良さそうなので、それで作成。











#tigerbunny #wf2012w #ワンフェス2012

TIGER&BUNNYのワイルドタイガークソスーツのフル可動フィギュアを作ってみる![12]

Posted by super visor on 2011年12月07日 ZBrush 0 comments 0 trackback
虎徹20111207_03 虎徹20111207_04
虎徹20111207_01 虎徹20111207_02
TIGER&BUNNYワイルドタイガークソスーツのフル可動フィギュアを作ってみる!の続きです。
流れとしては、デジタル原型を製作して立体出力し、リアルフィギュア化の予定です。

ワンダーフェスティバル2012冬(2/12)にダメもとで当日版権申請をしてみたのですが、以外にも許諾を頂くことが出来ました。ここまでこれたのも、応援してくれた皆様のおかげです。感謝

作業の方ですが、仕事も一段落し現在可動分割を行っていましたが、ツイッターで女性が男性を見るポイントが有るとご意見を頂きましたので少し修正をしてみました。
1、腹筋追加。(虎徹はあまりムキムキではないと思うので浅めにしてます)
2、パンツの部分増量
3、お尻の引き締め
ただ、このディテールがリアル物体になった時に再現出来るかは不明。
なんせ、全高145mmのフィギュアですので。

男キャラはあまり作ったこと無いのでデッサン難しいわ・・・










#tigerbunny #wf2012w #ワンフェス2012

あきこロイドちゃん[ボーカローソン]のフィギュアを作る [3]

あきこロイドちゃん111001 20111110_120457_02.jpg
ローソンキャンペーンのボーカロイド「あきこロイドちゃん」のフィギュアを作る、の続きです。 
ローソン×伊藤園×VOCALOID 「VOCALAWSON 」キャンペーン。
http://lwp.jp/vcl/campaign/static/vcl/

最近、いろいろバタバタしておりまして進行が遅れております。

デジタル原型を製作していました あきこロイドちゃん ですが、立体出力をする機会に恵まれまして、とりあえずはフィギュアとして完成いたしました。(コードの多色カラーは大変なので時間できたら塗ります)
総製作期間7日(デジタル原型4日、表面処理+塗装3日)だったかな。
がんばったよ俺(´・ω・`)

この後は、空いた時間をみて、ディテール追加等もう少し手直ししていこうかなと考えております。

おなか空いた、からあげクン1年分食べたい・・・







@akiko_lawson

TIGER&BUNNYのワイルドタイガークソスーツのフル可動フィギュアを作ってみる![11]

Posted by super visor on 2011年10月09日 3D-Coat 0 comments 0 trackback
20111009_02.jpg 20111011_01.jpg

TIGER&BUNNYワイルドタイガークソスーツのフル可動フィギュアを作ってみる!の続きです。
流れとしては、デジタル原型を製作して立体出力し、リアルフィギュア化の予定です。

現在、フル可動分割および立体出力用に修正をしています。

CGですと服の厚み0mmでも表現出来ますが、リアル物体では厚みが必要になります。
立体出力では厚み0.2mmの出力も可能なのですが、表面処理や耐久性を考えると最低0.5mmは欲しいところです。
そのために、まずデータに厚みをつけていきます。
スーツの黄色ラインもかなり厚盛していますが、この位はないと表面処理で消えてなくなってしまいます。
また、後ろの方はまだ薄すぎるので厚みを増さないといけませんね。

可動に関しては、事前に検証をしっかりしておかないと、いざ仮組みしてみて動かなったりとか大変ですので、位置を少しずつずらしたり色々試行錯誤して修正しています。











#tigerbunny
 HOME