つくもたん [リアル版] フィギュア完成品のサンプル提出

つくもたん完成品2 つくもたん完成品3

つくもたん完成品1
つくもたん [リアル版] フィギュアの完成品が出来ました。
自分の場合、グラデーションは薄めにしているタイプなので写真では飛んでしまっています。凹

以前、モデルグラフィックの記事を書いた時に、カメラマンがちゃんと撮った物はグラデーションも出ていて、ベストアングルも探し当てて完成品の魅力が数段UPになっていました。
やっぱプロは撮り方上手いなーと関心した記憶があります。

今回掲載した「つくもたん」は、ワンフェスの完成品サンプル提出用の品ですので、本日ワンフェス事業部の方へドナドナされて行きました。
手間を掛けた娘がドナドナされていくのは辛いですが、この娘はきっと九十九電機のショップで花を飾ってくれると信じています。










3D Printing
スポンサーサイト

つくもたん [リアル版] フィギュアの塗装見本

つくも完成品1
つくもたん [リアル版] フィギュアのつづき

ワンフェス提出用完成品を塗ったので、とりあえず携帯カメラで撮った写真画像をUPしておきます。
画像荒いし、やっぱ一眼デジカメ欲しいわ・・。









つくもたん バレンタインポスター[2011ver]発表されました

Posted by super visor on 2011年02月11日 未分類 0 comments 0 trackback
http://ascii.jp/elem/000/000/588/588666/
つくも組み立て1
バレンタイン限定で、つくもたんバレンタインポスターとチロルチョコが発表されました。
こ、これは可愛い・・・。
次のワンフェスフィギュア当日版権申請しろ!と言ってる様なものですね。











つくもたんフィギュア組み立てについて

つくも組み立て1つくも組み立て2
ワンフェス2011[冬]ではつくもたん[リアル版]バレンタインverのお買い上げありがとうございました。
髪の毛パーツの付け位置が分かりずらいとのご意見がございましたので参考画像を記載いたします。










つくもたん [リアル版] フィギュアのパーツ分割

Posted by super visor on 2011年01月19日 3D-Coat 0 comments 0 trackback
つくもたん121801 つくもたん121803
つくもたん121802 つくも12
つくもたん [リアル版] フィギュアのつづき

ただいま立体出力した物を表面処理中で、仮組みはもう少しかりそうです。

とりあえずデジタル原型と、パーツ分割したデータの画像を載せておきます。
エプロンが丸ごと剥がせなくて申し訳ないです。
パーツ薄くなると手流し量産が大変なので・・・。










つくもたん [リアル版] を立体出力してみた2

つくもたん [リアル版] フィギュアの続きです。

CGソフトによるデジタル原型製作から立体出力を行いました。

今回は、機械の精度が最も良いmsk modelさんで出力してもらいました。

こんな感じで送られてきます。
※パーツは一部しか写していません。
つくも9

立体出力品はサポート材という保護材が付いたままの状態で送られてきました。
サポート材は寒天の様な感触の物です。
つくも2

普通は、このサポート材をポロポロと剥がして行くのが正攻法なのですが、私はこれを水に数時間漬け置きします。
つくも3

すると、こんな風に水が浸透して崩れやすくなります。
これを指で潰すときのムニュッと感がたまらない感じです。これはクセになる。笑
つくも4

その後、歯ブラシ・爪楊枝・メラミンスポンジ、等を使ってサポート材を綺麗に取り除くとこんな感じになります。
つくも8


前回、まつ毛が低かったため、今回はディテールを倍に修正したので良い感じになりました。
表面処理とサフェーサー吹きで結構均されてしまう事を考慮して、デジタル原型データでは強めのディテールにしておいた方が良いと思います。
つくも6

前髪の感じや、「九」の髪飾り、後髪の飾り等の薄いパーツもちゃんと出来ていました。
つくも7

立体出力も、この表現性があれば表面処理が楽なのが本当助かります。
ワンフェスに出品しますので、ご興味の有る方は遊びに来て下さい。





つくもたん [リアル版] を立体出力してみた

つくもたん顔
つくもたん [リアル版] フィギュアの続きです。

ワンダーフェスティバルの版権許可も無事に下りましたので、複製原型製作に移っています。
今回は、mskmodelさんで積層ピッチ0.016mmで立体出力してもらいました。

デジタル原型からの立体出力は初めてなので、精細な髪の毛の部分が心配でしたが、綺麗に出力されていました。
頭のモデルは頭頂部~首下の毛の先まてで、4cmほどの物です。
ただ、まつ毛と眉毛のディテールがCG画面では良さげに作ったつもりでしたが、リアルな物体だと薄く感じます。
この辺は立体出力を初めてされるCG関係の方が最初に引っ掛かる部分の様で、何度か経験を積んで行くしかないようです。

最近、お知り合いになりました、オモチャマルさんも同じ感じだったみたいで、以後はディテールを強調しているモデル作りをされて上手くいっているみたいです。

CGとフィギュアの違いで言いますと、フィギュアは実物のサイズに対して0.5mm以上は厚みをつけるのが普通です。
それに比べCGでは0.01mmでも表現出来るのと、ライティングが強いので影が強調されてディテールがクッキリ見えやすいと言う違いがあります。

そのすり合わせを行うのが大変なのですが、一番簡単な確認の方法は、PC画面にキャラクターを出力したい寸法に実際に大きさを調整して見ると良いです。
その状態で0.5mmほど無い部分は、立体出力出来たとしても量産にはむきません。
例、1/8サイズフィギュア立体出力したい場合はPC画面内でキャラを19cmで表示してみる。

今回は2回目のデジタル原型と言う事もあり、まだ感じがつかめなかったので、まつ毛、眉毛はディテールUPして再度出力しなおそうと思います。




ちょっとテンション落ちてきたので・・・

Posted by super visor on 2010年11月30日 ZBrush 0 comments 0 trackback
20101130_1750.jpg

つくもたん [リアル版] フィギュアの続きです。

最近は、ちょっとテンション下がってきてるのでイメージつかむためにとりあえずポーズを付けた(ダミー)体パーツをつけて髪の毛作っています。(左腕が切れてるとか間接のポリゴン伸びてるとかは無視して下さい。あくまでダミーパーツですので)

リアル原型と一緒でディテールアップの部分は地道にコツコツとやってて、ぱっと見あまり変化が無いです。



つくもたん[リアル版]フィギュアのツインテールも作ってみる

Posted by super visor on 2010年11月18日 ZBrush 0 comments 0 trackback
20101118_1325.jpg20101118_1327.jpg

つくもたん [リアル版] フィギュアデジタル原型で作っています。

最近は、ZBrushにもちょっと慣れてきたかなと言う感じです。
基本はZSpheresで出来るだけしっかりとラインをつめていき、メッシュ化してディテール調整の流れでやっています。
ツインテールはまだ出来ていませんが、今回も髪の毛はZSpheresで一束ずつ作っています。

ZSpheres大好きな俺でした。ヾ(≧∇≦)ノ



つくもたん[リアル版]フィギュアの体も作ってみる

Posted by super visor on 2010年11月02日 ZBrush 0 comments 0 trackback
tuk1tku2
ZSpheresで体のベースを作っています。
ZSpheres1とZSpheres2ではメッシュの貼り加減に違いがあり作りたいラインが上手く出ず戸惑っております。


 HOME